チキンネットのワインキャリー
d0060805_7555416.jpg

今週末にお呼ばれがあるので、ワインキャリーを作ってみました。
おみやげに、先日紹介したシャトレーゼの量り売りワインを入れて、ワインキャリーごと、プレゼントしようと思っています。
この「通い瓶」は、初回150円で購入する瓶ですが、ちゃんと密閉できるので、なかなか便利なのです。
我が家では、おしょうゆ、フライドガーリックチップ、鷹の爪をいれ、「香りしょうゆ」作りに使っていたりします。

2本のワインが入るとけっこう重いので、側面と底面をつなげて枠を組みました。
枠を丈夫に組んだら、後はチキンネットをせっせと貼るだけです。
チキンネットの端をほぐしながら、枠に巻きつけるという、じみーな作業。
もち手は、これも重みに耐えるよう、木のもち手を付けました。
100均で調達した丸棒を、ちょうどいい長さにカットして、ドリルで穴を開け、ワイヤーを通しました。 これならけっこう丈夫だと思います。
一応、接点という接点に、透明の接着剤を流し込んで、アクリル塗料を塗ったら出来上がり~
通い瓶に水を入れてテストしました^^ 合格♪

外国でよく、藤のバスケットにワインを入れて (その場合斜めに倒した状態ですが)その中にさらに、手づくりパンやお菓子を入れて、バスケットごとどーぞとプレゼントしますよね。
そんなイメージが頭に浮かんで、作ってみました。
ワインキャリーにリボンとドライフラワーをぽちっと飾って、持っていこーっと。
[PR]
by goqoomama | 2006-12-11 08:31 | ワイヤークラフト
<< サイゴノイチリン モチーフつなぎのクッションカバー >>